上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
ね 約束したよね

覚えてる

僕が 先に逝ったら

星になって 見守るって

なのに きみが 先に

一人になったのは 僕

見てるかな? 今

見えてるのかい?

寂しいよ とっても

淋しい

居ない事が こんなにも

寂しいなんて

スポンサーサイト
2010.02.25 
静まりかえる部屋

ひっそりとした時間が 流れてく

取り残されてくようで 足は遠のく



それでも 戻り帰るのは

此処にしか 居場所がないからか



この身に蓄えたすべてを 使い果たし

外包みだけの自分を 持て余してる


静まりかえる部屋


吐息がこぼれ 広がる


ながく ながく ただ ながく


時と流れて

2010.02.19 
きみは何処に行くのにも
ね~手つなごて
僕は恥ずかしいくて・・
でも、きみのあの笑顔で言われると
ふいって・・手を差し伸べたね

最初のころは回りばかり気にしていた事思い出します
きみの優しいぬくもりが恋しいです

僕の手こんなに冷たいです
今でもこの手がきみのぬくもりを覚えています
きみの手小さくて
柔らかで
暖かくて

もう~一度きみの温もりが恋しい・・・

どんなに月日が経っても

僕の手はきみを感じています
2010.02.11 
笑い声が聴こえると

窓の下に きみの影を


いるはずもないと わかっていても

風に乗って 聴こえた笑い声に

ゆれる僕の心


想いが探しはじめる

帰らぬ きみを


笑い声が聴こえると


窓の下を 探してる


深い闇だけが 哀れむように佇んでる

風に乗って 運ばれた笑い声に

ふたたび悲しみが襲う


ゆれた心は押さえられず

帰らぬきみを 想い続けてる
2010.02.05 
まだここにきみがいます

まだ僕の心の中に


まだここにきみがいます

色褪せることなく僕の心に


まだここにきみがいます

忘れることなんて・・


まだここにきみがいます

あの頃と同じ笑顔で


まだここにきみがいます

僕の心の真ん中に


まだずっと

これかれもきっと



まだここに

きみがいます

あの頃の

きみのままで
2010.02.04 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。