上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
更けゆく夜 開け放たれた窓から


冷えた風が忍び込み


足元を通り抜けてゆく


月影は 床を照らすけれど


冷えた風は 部屋の隅で膝を抱える


人肌のぬくもりは 此処になく


心 凍えたままの僕が 一人


つめたい息を 吐きながら


風 と 膝をだく

スポンサーサイト
2011.01.29 
心は見えないものだけど

     
きっと それに見合うだけの

     
言葉がただ ないだけで

     
どこかで僕らはわかっている


     
遠く離れていたとしても

     
その人の声がそこにあるように

     
その人の笑顔が何か伝えるように

     
その人の心が、見えてくるように
2011.01.23 
随分と歩いてきたんだね


急ぎ足だったかもしれない


今なら 振り返り見ることも出来るのに


弱さを見つめられず 強がってみたり


内を隠し続け 外を飾ってみたりもした


悔やんではいないが


違う方法も あったなと 思える時も


今なら 見える


それは 幸せなことなのだろう


この道も やがては 終わる


溜息つかずに


ああ 終えるんだなと 思えればいいと ね


折り返しは 過ぎたころだろうか


ゆっくりでいいかな この先は



もう強がる事も



飾る事もしないで
2011.01.05 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。